上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121115_1.png
121115_2.png

スポンサーサイト
121101.png
ドッグス、猛打で優勝を捥ぎ取った!

ドッグスは初回、3番ティーフの2ランで先制。
ナイツも負けじとその裏に1番ヴェルクの先頭打者アーチと犠打で同点。
しかしドッグス打線が2回に大爆発。
ナイツのエース、ラティから3番ティーフ、怪我より復帰の6番グレイスが
3ランを連発して一挙6点を上げ、ラティをマウンドから引きずり下ろした。
ドッグスがそれ以降も得点積み上げていく一方、
ナイツはドッグスのエース、シィルビアの前に長打が出ず、
ようやく8回に1点を返したものの、6安打12三振と惨敗した。

今季は圧倒的な強さでセ・リーグを制したドッグスが
1リーグ制だった昨年に続き連覇を果たした。
121101_2.png

121031.png
ドッグス、粘りの投球で逆王手!

ドッグスの先発、ジャックOHは毎回ランナーを出しながらも
ナイツ打線相手に粘りの投球を見せ、8回途中までを1失点で降板。
ドッグス打線は4回に4番フォレフのソロアーチで先制すると、
中盤でフォレフの2打席連続ホームランを含めて6点を獲得。
この大きなリードを守りきって、3勝3敗の逆王手。
シリーズ優勝をかけた戦いは明日へと持ちこされた。
121031_2.png
121029.png
ナイツ、打線爆発!2ケタ得点で王手!

ナイツは初回からドッグス先発のトバリの立ち上がりを叩き2点を先取。
ドッグスも2回に同点としたが、
3回にナイツ6番ホルグレンのタイムリーで勝ちこされると
続く7番アーサーに3ランを打たれ4点リードとされた。
その後ドッグスも要所要所で得点を重ねるものの、
終盤に継投陣が崩れてリードを広げられ反撃も届かず
ナイツは3勝目を上げ、シリーズ優勝に王手とした。
121029_2.png

121028.png
ドッグス、エース粘りの投球で2勝目!

ドッグスは体調不良を理由に登板を控えていた
エース、シィルビアが4戦目で登板。
シーズンに比べキレが悪い投球ながらも9回途中までで10奪三振
打撃陣は4回、無死1、2塁のチャンスに
5番エリカK版が2点タイムリーで先制。この回に3点を獲得した。
ナイツは中盤以降に打線が僅かずつ繋がりだしたが
1点差で迎えた7回裏、二死1、3塁のチャンスに再びエリカK版が
3ランを放って4点差につき離した。
ナイツはそれでも食い下がって9回、1番ヴェルクの2ランで
再び1点差に詰め寄ったが、ドッグスの守護神渚に後続を断たれ2敗目を喫した。
121028_2.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。