上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120913.png
ドッグス、勝利するもVはならず!

ドッグスは1点リードの6回、ヴァイキングスの1番月夜花の出塁を許すと、
つづく2番ナインテイルのタイムリーで同点を許してしまう。
しかしその裏、一死ながら自ら満塁のチャンスに
打者はドッグス先発の観月に代り、代打で保井が登場。
保井は自らの仕事をきっちりとこなし、決勝打となる勝ち越しタイムリー。
その後もドッグス打撃陣は攻撃の手を緩めず、大差で勝利した。
しかしながら、ヴァルハラ宮球場でライトニングスが勝利のため、M1で足踏み。
勝負は明日の直接対決に持ち越された。
120913_2.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。