上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120914_2.png
ドッグス、セ界制覇!

ライトニングスは初回、4番ヒルダのタイムリーで先制したが、
ドッグスはその裏、4番フォレフのタイムリーで同点とすると
3回裏、一死1、3塁のチャンスに再びフォレフの犠打で勝ち越し
5回には3番ティーフの3塁線ぎりぎりをつく絶妙なタイムリーで追加点。
7回、2番手蒼井が捕まり、1点を返されたものの、
7回裏、8回裏にドッグス打線が爆発。
この2回だけで16安打13点を上げ大きくライトニングを突き放した。
結局ライトニングスは戦意消失のまま敗北。
ドッグスは1リーグ制の昨年に引き続き、V2を達成した。
120914.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。